ツジムラ専務ブログ |株式会社ツジムラ〔 山形県 庄内地方 : 三川町|鶴岡市|酒田市|庄内町|遊佐町 〕

ツジムラ専務ブログ

◎2014年2月28日

もう2ヶ月たちました

2016年も2ヶ月たちました。
例年にない降雪量の少なさで、除雪1回だけの冬で終わりそうです。
決算から確定申告、建設業関係の更新など事務仕事、設計や土地探し、アパートの入退室など目の前の作業に追われております。もっと戦略的に計画を立てて仕事をしたいのですが、あまりにも雑事が多すぎます。必要な事ではありますけども・・・。
もっと自分だけの有効な時間の使い方、他人へ任せる作業など、仕事の見直しが必要ですね。
時間だけは等しく1日24時間ですから。

さて、HPでも掲載していますが、賃貸貸家の内覧会が3月16日にあります。
もうすぐ完成ですが、宣伝もしていないのに、賃貸希望の内覧したいという方から連絡がありました。舗装やフェンス工事を予定していたので、敢えて完成予定日を決めていなかったのですが、
年度末の異動を控えて、本当に探している方が今年は特に多いような気がします。
逆に年度末での退去が、今日の連絡を含めて3戸。
家を建てた方、家族が増えて現在の間取りに合わなくなった方など様々です。
消費税増税の影響か本当に住宅関係の異動が多い気がします。



◎2014年2月27日

吹込みグラスウール

今回初めて天井断熱に吹込みグラスウールを採用しました。
庄内には専門の業者がいないので、仙台あたりから施工業者が来ることになります。
今日来た職人さんは秋田からきたそうです。
ブローイング厚さは400㎜。面積が小さいのであっという間に施工し終えました。
屋根又は天井面の断熱方法に非常に困っていたので、選択肢の一つになりそうです。

◎2014年2月25日

現寸図


大山往復、酒田往復、鶴岡往復の一日でした。春めいた天気でしたね。
さて、タイトルですが、現寸図(げんすんず)と読みます。
前に紹介した神社の部材を造っている一工程です。
建物の図面は縮小して描いてありますが、詳細が読み取れない場合は上部のように実際の寸法で図面を描いて不明な寸法や大きさを求めます。1/1スケールで実際に確認していくんですね。
神社の部材のような直線でない、曲りや模様を彫ったり加工する場合は特に必要になります。

◎2014年2月24日

家の中の室温差

床材を紹介した家の浴室及び洗面脱衣室のリフォームが終わりました。
暖かくして欲しいとの要望でしたので、天井・壁・床全てに断熱材を入れ、内窓を設置しました。
これで工事前のような窓が凍り付いて開かないようなことはないでしょう。
しかし、リフォームした部屋は浴室と脱衣室のみ。暖房している居室は当然暖かいですが、廊下は寒いまま。どううしても家の中で、室温の差が生じます。
高齢者二人世代、予算等、どうしようもないことですが、考え込んでしまいます。

◎2014年2月21日

皇大神社

こうたいじんじゃと読みます。
伊勢神宮内宮を総本山とする神社で、神明神社や天祖神社ともいい、「お伊勢さん」と呼ばれることも多い。天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつり、数でも全国で2位を誇る身近な神社です。
ブログの更新をさぼっていた昨年の秋に決まったことですが、地元の皇大神社の建て替えすることになりました。
神社を建てるのは初めてで、不安でいっぱいですか、設計事務所や製材屋さんの協力を得て、何とかやっております。
昨年は古い神社を解体し、土留め側溝の外構廻りを整備し、基礎工事を完了したところで、冬を迎えました。そして、現在は専門の大工さんにお願いし、写真のような曲げ材や組物を造作中です。
難しくでツジムラも覚えられないですが、部材一つ一つに名称があります。
今年は神社に取り組むツジムラを注目して下さい。


◎2014年2月20日

ネオテク


冬に浴室改修とは珍しいですが、これも4月の消費税前の駆け込み需要というものでしょうか。
ツジムラでは脱衣室の床材は耐傷性・耐水性に強い石目柄の新感覚床材を採用しております。
キズや汚れを抑えて美しさを保つ「ネオテク」加工です。

◎2014年2月19日

空いていたアパート決まりました


12,1月に退去さて空室だったアパート エムスタイルの2DKタイプ二部屋に申込をいただきました。ありがとうございます。
もっとも3月末にまた1DKタイプに空きがでますので、興味がある方は連絡をお願いします。
また弊社関連のメゾネットタイプ3DKが同じく3月末で空室が出るようです。
こちらは酒田の(株)東洋開発さんのホームページから三川町物件で検索し、問い合せして下さい。
例年に比べ、異動が激しいように思えます。

◎2014年2月18日

平成25年度地域振興懇談会

商工会主催の町長を招いての懇談会がありました。
ツジムラの住む町は、庄内平野の真ん中に位置し、南は人口13万の城下町鶴岡市、北に11万の港町酒田市に挟まれた田んぼが広がる田園地域です。
ツジムラから鶴岡まで9Km、酒田まで15Km、主要国道7号線が走り、両市の中間ということで県の機関である、庄内総合支庁が置かれております。そして、大型ショッピングモールイオンと隣接する二つのショッピングセンターがあります。廻りは田んぼですが・・・。

そんな人口7千の小さな町の地域振興をどうするかは非常に難しい問題ですが、町長をはじめとして、良い話が聞けたと思います。

超大国アメリカと中国(若しくはロシア)には挟まれた日本のような立場ですが、ツジムラ的には衣食住の”住”の部分で貢献していけたらと考えています。

スマートシティーと相反する広域商圏か・・・。

◎2014年2月17日

暮らすアップフェア2014春 今年もやります!

ツジムラの住む山形県庄内地方の平野部は近年に比べ、積雪が少なく、このシーズンの人力での除雪はまだ1回だけでなので、まず暖冬と言えます。
雪に慣れていない首都圏やその他の地方での大雪での災害のニュースを見るたびに、一刻も早い救助、復旧を祈るばかりです。

今年も毎年恒例の「暮らすアップフェア2014春」を行ないます。
地域の工務店の有志と建材屋さん、メーカーさんが一緒になっておこなう、安心して、お役に立てる住宅に関する情報をお届けすることを目的とした、イベントです。
日時は3月21日(金)、22日(土)の二日間。10時から16時まで。
場所はツジムラの地元、三川町のいろり火の里 なの花ホール です。
追って詳しい情報をお知らせしていきます。

◎2014年2月15日

新住協 全国一斉見学会2014

羽生選手 金メダル おめでとう!

今朝の山形新聞、ごらんになられましたか?
今日、明日の2日間、全国のNPO新木造住宅技術研究協議会(新住協)の会員で一斉の見学会が開催されます。山形県内では8会場で、新築やリフォームで最先端の低燃費住宅を体感できるかと思います。「新住協 山形」で検索して頂き、是非会場へ足をお運び下さい。

ツジムラも参加していますが、特別に3月16日(日)に実施します。
近くになりましたら、HPで詳細をお知らせします。


◎2014年2月14日

ウッドワン キャラバンカー



 建材屋さんのご厚意により、仙台からウッドワンの移動展示車が庄内三川までやってきてくれました。
あまりオーナー様の認知度は高くないかもしれませんが、ウッドワンは長年に渡って無垢の材料を製品に使用してきたメーカーであり、その実績、信頼もあります。
また原材料である木材をニュージーランドで植林、枝打ち、伐採の30年サイクルで森林事業として育てており、環境意識の高い企業といえるでしょう。
近年のオーナー様方の自然素材に対する需要の高まりに対して、ツジムラでは十分に対応できるようにこのように準備をしております。
Jリーグサンフレッチェ広島のスポンサードで有名になったウッドワン(旧名 住建産業)。
トラックも広島ナンバーでした。

◎2014年2月13日

イーハトーブ花巻THMネット・エコタウン

ヒートポンプ暖房体感研修会の最終日は花巻市にある地元工務店4社による省エネルギーモデルハウス見学です。
タイトルの「イーハトーブ」とは宮沢賢治による造語で、彼の心象世界中にある理総郷を指す言葉とのこと。THM(チィム)はT(遠野)、H(花巻)、M(水沢)のことです。
地元ビルダーが国の次世代省エネ基準をこえる一定のエコ基準を設け、あとはデザインから工法から全て自由に住まいの提供をしております。
ヒートポンプ技術を使った温水パネルヒーターは共通して各モデルハウスで採用されていますが、それだけ、省エネ、低炭素社会に合った設備なのでしょうね。
写真の中央部と右下に見える白色の部材が温水パネルです。室内のインテリアや間仕切りなど
デザイン性の高い空間づくりにも貢献します。
ツジムラでも近いうちに是非採用したいと考えています。




◎2014年2月12日

盛岡















研修会の宿泊地は盛岡市でした。
ツジムラは訪れた街を散歩するのが大好きで今回も朝食後出発するまでの時間を利用。庄内比べれば風はないですが、気温は低いです。
道路がカチカチに凍っていましたが、ホテル周辺から駅周辺までぶらつきました。
人口30万、周辺都市圏人口45万の盛岡市は東北では仙台、郡山についで発達しています。
なんでも、震災以降周辺から人口が流入しているとか。
北上川にかかる開運橋を渡ると目に付くのは立派な駅舎。東北新幹線、秋田新幹線など北東北の拠点となる盛岡駅は中はショッピングモールを併設しており、広くて近代的でした。
周辺も高層マンションが建ち並び建設中の施設も目に付きます。
そして、あちらこちらで目にする、石川啄木や宮沢賢治、そして新渡戸稲造文字。駅正面にも啄木の筆による「もりおか」の文字があります。
そんな意味ではあまり偉人がいないと思われる山形県人からすると少し羨ましい気持ちがあります。

◎2014年2月10日

ヒートポンプ暖房体感研修会 

先日、ヒートポンプ暖房体感研修会に参加してきました。
電気設備関係の会社が庄内の設計事務所や工務店、大工さんなどに声掛けをして、岩手県にある工場と住宅展示場を視察する1泊2日の行程です。
秋田自動車道を通り、途中盛岡で名物「冷麺」と頂き、午後2時には目的である、八幡平市にあるピーエス株式会社に到着。
ピーエスさんは国内初の業務用加湿器を開発。札幌オリンピックでは施設に放射型暖房ヒータを導入した会社として知られております。
一般住宅でも放射型暖房システム、除室型放射冷暖房システム、放射型電気ヒータなど熱源を灯油やガス、井水、薪、そして空気熱や地中熱を活用した電化シスムテムにも対応しており、ツジムラでもいつか取り入れてみたい「室内気候」を届ける温度と湿度の専門会社です。

今回訪問する工場は安比スキー場近くにある「PS IDIC(イデック)」といい、生産工場施設だけではなく、知的生性の向上を目指した室内気候の探求の場として実践の場として、または展示場の要素を持つ施設でした。
四季や一日の変化、周囲の自然を織り込み未来を見据えたサステナブルシステム建築は地球環境時代に新しい地平を開いたとされ、JIA環境建築賞最優秀賞を受賞しております。

活動的な室内気候のコンセプト通り、放射型暖房システムと除室型放射冷暖房システムを活用した施設内は心地よく、快適そののものです。


中でもラジエータの中に循環する冷温水で自然な涼しさを作り出せる除湿型放射冷暖房システムを用いたワインセラーは、住宅内に食品庫など温度の低い空間の必要性を感じていたツジムラにとって大きな気付きになりました。


 
▲このページの先頭へ