ツジムラ専務ブログ |株式会社ツジムラ〔 山形県 庄内地方 : 三川町|鶴岡市|酒田市|庄内町|遊佐町 〕

ツジムラ専務ブログ

◎2013年1月31日

東京へ研修旅行 4

東京スカイツリーの後は都バス200円で両国国技館へ。

この日に庄内に戻るので、しっかり帰りのキップを買っておきます。
十両の取組みまでは時間があるので両国駅前の「ちゃんこ霧島」で
予定にはなかった昼食を取ります。

枡席の狭さを理解していなかったのでここで食事を取ったのは
大正解でした。

ちゃんこを美味しく頂き、アルコールも廻って良い気分で国技館へ
入ります。途中、場所入りする力士の身体と顔の大きさに驚き、
鬢付けの良い香りに包まれ、人混みの中をようやく枡席にたどり
着きました。
枡席Bでしたが、意外に土俵まで近く、力士の動きも良く見えました。

















東正面なので取組表が全く見えないのは予想外でしたが、
郷土力士の大岩戸への声援。
今場所で引退した高見盛のあの動き、日馬富士の優勝決定の一番など相撲の面白さを感じる体験でした。


◎2013年1月30日

東京へ研修旅行 3

土曜日は今回の研修のメインの東京スカイツリーと大相撲です。
銀座のホテルを出発。地下鉄で押上駅に向かいます。

勿論予約は2ヶ月前にインターネットで確定済み。
東京スカイツリー展望デッキの予約時間は午前10時から30分間。
この時間内に発券しなければなりません。
荷物を預けるためにコインロッカーに行くと最新型のコインロッカー
にまずビックリ!
館内のもの全てですが、最新のものを使っています。

いざ4Fのチケットカウンターへ行くと当日券を求める凄い行列!
プラカードを見ると60分待ちとのこと。
そんな行列を横目に最前列の予約のチケット発券機の前に出ます。
無事に発券出来たら、ショートカットしてエレベーターの前に案内
されました。

エレベーターも四季をイメージしたもので、約50秒で高さ350mの
展望デッキです。ここも凄い人だかりで更に上の展望回廊は30分
待ちで断念!
じっくり景色を眺めることにします。
















ごらんのように東京は快晴。
富士山を見ることはできませんでしたが360度の素晴らしい眺望です。
例のガラスの床にも立ってきましが、個人的にはもっとゆっくり見たかったのですが、
なにせ8人の自由な団体行動。
およそ30分の展望デッキへの滞在でした。

◎2013年1月29日

東京へ研修旅行 2

築地の後は日の出桟橋から船で浅草へ!
東京クルーズで隅田川を遡る40分の船旅です。
小学生の遠足の団体と一緒になったので騒がしかったのは
ご愛嬌でしたが。

















浅草の仲見世を通って浅草寺でお参り。
ここも築地と一緒で大勢の人、人、人!
東京スカイツリーの近所ということもあり、相乗効果で
訪れる人が増えているのでしょうか。

その後は東京駅に移動。
ご存知の通り東京駅の復元工事が終わり、ちょっとした
観光地になっています。

















夜ははとバスに乗り、東京の夜を満喫しました。

◎2013年1月28日

東京へ研修旅行 1

週末に東京へ研修旅行へ行って来ましたのでそのご報告をば。

建築を職業とする者としては非常に興味深い東京スカイツリー。
完成した勇姿を拝見し、是非とも展望台に登るべしとの声が上がり
不肖ツジムラが東京歴が長いとの経歴を買われて企画しました。
地元の同業者と共に行って参りました初体験研修ツアーでございます。

町議会議員選挙で騒がしい地元を離れ、金曜の朝一の飛行機で
庄内を出発!
その後庄内は大荒れとなり、何便か飛行機が欠航したようです。
翌日無事に帰れるかの不安がありますが、まずは築地へGo!です。

銀座のホテルに荷物を預け、徒歩で築地市場に向かいます。
朝日新聞社を右側に見ながら正門から市場内へ。

生臭さの中、積込みの邪魔をしないように場内を歩きます。
東京の穴場スポットと知られたためか同じような観光客が
沢山いました。何件かの寿司屋さんにはもの凄い行列が!



お店を見て回って次に場外市場に向います。
こちらも凄い人だかりです。
完全に観光地として認識されているのでしょうね。
中国や韓国からのツーリストも多いようです。
案内所の近くにあるためか、テリー伊藤さんの卵焼き屋さんに
も大勢の人が立ち寄っていました。

















昼食は今年の初セリで大間の本マグロをセリ落としたすしざんまい
で頂きました。
ここの社長も経歴が面白く、凄い人物のようです。




◎2013年1月24日

大工・工務店営業力強化講座

ツジムラのような小さな工務店に対する支援事業を
山形県では現在行なっています。
大工さんには比較的苦手と思われる「営業力」に特化した講座であり、
新規顧客開拓に向けた「オープンハウス」の開催方法についての
勉強会に参加してきました。

昨年にオープンハウスの効果についての1回目の講座があり、
今回は引き続きの2回目。栃木県から設計事務所さんと新たに女性に
視点をおいたイベントプロモーターさんから貴重な話を聞くことが
できました。
特に「女ゴコロに届く 広告・集客とは?」については実際に使用した
広告を手にとっての説明があり、良く理解出来ました。

住宅についての女性の見方についてはウスウスは気づいていましたが
より自分なりに整理する良い機会でした。

ツジムラも今年はオープンハウスを開催する予定なので、
”ツジムラの家”をブランディングしていきたいものです。





ラベル:

◎2013年1月23日

松山城(出羽)

庄内の1月とは思えない風もなく非常に穏やかな日でした。
その分放射冷却のため、朝は道路が凍結し滑り易くなっていましたが。

旧松山町まで見積もりのための現地調査に行ってきました。
最上川を渡る、直線距離10キロ位の場所ですがツジムラ的には
ほどんどなじみがない地域です。

そこは昔の庄内藩の支藩があり、小さいながらも城跡があります。
その名もずばり松山城で、城下町の面影を色濃く残しています。

江戸時代の新田開発によって生まれたと思われるツジムラの地元
と比べると街並みから歴史を感じることができます。

現在では夜には小高い城跡から光輝くイオンの明かりが見えます。




◎2013年1月22日

選挙始まる

住んでいる町で議会議員選挙が告示され、定数を上回る届出が
あり、日曜の投票日にむけて選挙戦が開始されました。

面積も小さく、人口8,000人弱の小さな町なので、11候補者の
選挙カーが頻繁にやってきます。

本来でしたら、県知事選挙とのダブル選挙の予定でしたが、
現職知事しか立候補者がいませんでしたので、単独での選挙に
なりました。

冬期間の選挙戦で候補者の皆様も大変そうですが、
何だか町が活気付いているようで嬉しく思います。

ただ、旧態依然とした選挙運動にはもう少し改善の余地があると
思うのですが・・・。


ラベル:

◎2013年1月20日

ささやかな幸せ

今日は打合せ、図面描き、見積もり、書類作成と
一日仕事してました。
まだ、やらなければならないことはありますが、
日曜なので、これで終わりにします。
おっと、年賀ハガキお年玉商品当選番号が
お年玉切手シート3組当たりました。
U様、O様、K様、ありがとうございます。

当選の割合は100本に2枚とのことらしいので
確率的には悪くないようです。



◎2013年1月19日

木製カーポート

センター試験が始まりましたね。
庄内の会場の一つである東北公益文科大の前を通りました。
ツジムラは高3夏休から私大専願に絞り共通一次は受けていません。
しかし受験生の辛い心情は非常に理解できます。
人生を切り開く第一歩!受験生には是非頑張ってほしいものです。

さて、先日はゴミ置場を紹介しましたが、こんな事もしているということで
木製のカーポートを紹介します。

昨年の12月に新住協から、木製のカーポートを希望している
お施主様を紹介されました。
なんでも自宅を秋田の設計事務所さんの設計でQ1住宅を
建築された方でアルミ製のカーポートではない、
自宅に合った木造での自然な仕様を望んでいるとのことでした。

年内に完成したい、自分で出来ることは自分でしたいなどのお施主様の
要求と何回かのやり取りの後、写真のような折半の屋根を付けた
必要最低限の木造の構造体となりました。

間口は3間、木材は自宅(写真後方)と同じく無塗装で、
自然に色あせていく色彩がいいのだそうです。

師走半ばの忙しない中、製材屋さん、基礎屋さん、板金屋さんの協力で
何とか年内に完成させ、引き渡しました。

日曜大工が趣味のお施主様。早速、年末年始休みに羽目板(壁材)を
自分で施工されたようで、壁が出来ていました。(驚愕!)






ラベル:

◎2013年1月18日

断熱とつらら


気温も下がり、冬本番という感じです。
寒い!風邪も酷くはなりませんが、無理をせず外出を控えています。

さてツジムラのいる事務所は断熱材など全く入っていなく、
床もポンリュームを直貼りしただけで足元からの冷気が凄いです。
試しに温度を測ってみると普段温度計のある場所(床から1800高)
は20.2℃。床上は14.1℃、約7℃の違いがあります。
サッシも昔ながらのアルミに単板のガラス1枚のみ。
開放型の石油ストーブをガンガン焚いているので
一日中結露しております。


先ほど灯油が空になった音が鳴り、ストーブが止まりました。
寒い外のタンクから灯油を補充しけければなりません。
外に出ると事務所の屋根から見事なつららができていました。
断悦が悪く、室内の熱が外部に逃げている証拠です。
冬の寒い事務所環境とつららを見せられると何とかしなければならない
のですが、費用もかかるし、頭の痛い問題です。




ラベル:

◎2013年1月17日

ゴミ置場

昨日から鼻水が止まらず微熱もあるようなので
出歩かずに仕事しております。
医者に行き、インフルエンザではないことが判明。
とりあえず一安心です。

朝1時間、雪かきして汗を流したことが良かったんでしょうか?
去年の反省から、酷くなる前に安静に努めたいと思います。

下の写真は町内会内のゴミ置場です。
地域密着のツジムラです。このような仕事もしております。


ラベル:

◎2013年1月15日

初めての大阪 3

二日目は朝から研修です。
大阪の土地勘のないツジムラが宿に選んだ場所は大阪駅周辺の梅田。
理由は
1.研修の場所が大阪駅周辺だったこと
2.リムジンバスが近所から発着していること
3.航空券とセットで格安だったこと
4.大阪初心者にもやさしい街と思えたこと
などです。












しかしながら大阪駅は近代的で、まして地下街が大変充実しており
まるで迷路状態!
そして私鉄、地下鉄各社乗入れているので初心者にはお薦めできません。
実は前日も地上からホテルに行くまで1時間位迷いました。
主要交差点に横断歩道がなく、地下道を経由するからです。

研修会場がホテルから大阪駅の反対側でしたのに
下調べぜず地下コンコースに突入したので、朝の通勤客の中をさまよい
続け、やっとの思いで目的地にたどり着きました。

研修後は新住協の関西支部の方と中心とした懇親会に出席。
はるばる山形から来た変わり者にも良くして頂きました。
その時の会場がこちら!梅田スカイビルです。

















大阪は中々個性的な建築があり、面白いところです。

◎2013年1月13日

初めての大阪 2

”水の都”とは大阪を表わす形容詞。
飛行機から見える大阪の街は水運と共に発展した様子が理解出来ます。
大坂城が難攻不落な理由もよくわかりますね。

伊丹空港からリムジンバスにて大阪梅田へ。
30分位でスムーズに着きました。羨ましいくらいに便利です。
ここまで自宅から6時間。やはり遠いですね。

ホテルに荷物を預けて早速大坂城を目指します。
下調べをしなかったので無難なJR大阪城公園駅で下車。
途中で目にした地名にも感激しながら広い公園内を歩いて行きます。
しばらくすると巨大な濠と石垣が見えてきました。



やはり広くで大きいですね。実際にここで覇権をあらそう戦いがあったこと
を思うと感慨深いです。
そしていよいよ天守閣へエレベーターで昇ります。
最上階では外に出て大阪の街を360°見渡すことができます。
意外に近い生駒や六甲の山並みを見て、太閤殿下も見たであろうと
空想に浸ります。
冬のため風が強くあたり寒い方向もありましたが、暫く街並みを眺めていました。
城内の展示品もじっくり時間をかけてみてまわりました。
ぐったり疲れましたが、心地よい大坂の陣でした。









◎2013年1月12日

初めての大阪 1

新住協の高断熱住宅の設計施工技術習得支援スクールの講習会へ行って来ました。
仙台や関東での開催日にスケジュールが合わず、行ったことのない大阪での開催に思い切って参加してきました。

さて、陸の孤島庄内から大阪に行くには必ず何処かの経由地で交通機関の乗り継ぎをしなければなりません。
費用、時間、快適さを考え、新潟までJRでそこから空路をとることにしました。

午前4時半に起床、五時半に自宅を車で出発して鶴岡駅へ、朝一番の特急いなほで新潟を目指します。2時間弱で新潟に到着。
恐れていたとおり路面に積雪があり、また雪が降り続いています。
朝の通勤時間帯、積雪による遅延を考慮してリムジンバスからタクシーに変更。
飛行機の出発まで余裕がないので、出費が痛いですが仕方ありません。40分位で無事に着きましたが、リムジンバスでしたら遅れたかもしれません。

庄内空港はANAしか就航していないので、3回目のJALを選択。
・・・が大きさまで考慮に入れていなかった。写真の「エンブラエル170」という座席数76の機種でした。普段乗り慣れている飛行機と比べるととても小さいので一抹の不安を感じます。
また平日の朝一便だからか乗客は10人位。この後直ぐのANA便が人気があるのでしょうか?

ターミナル付近は除雪が間に合わず、徒歩の地上クルーに付き添われながら、タイヤの着雪を気にしながらの超徐行走行。滑走路はしっかり除雪がしてあり、何の問題もなく離陸しました。

機内は少人数のためかCAさんの応対が非常にアットホームな感じ。
気流による機体の揺れもなく、また途中に富士山の姿を拝むことができました。
真ん中に見えるのが諏訪湖。雲の奥にうっすらと富士山が見えます。
いつも思いますが、日本海側から太平洋側に来ると冬でも空が青いのが羨ましいです。


















◎2013年1月8日

ならぬことはならぬ

地元の新年を祝う会に行ってきました。
昨年より参加者が多かったようなので、新年にかける意気込み
を感じずにはいられませんでした。活気があるのは良いことです。

さて、録画してあった今年の大河ドラマ「八重の桜」を見ました。
東日本大震災により急遽東北復興を支援する目的で変更された
今年の大河ドラマですが、同志社大学を創設した新島襄の妻で
大丈夫かと思っておりましたがそこは幕末、会津藩と魅力が
詰まっていますね。

題名の言葉は什の掟というものです。
会津藩では藩校の日新館に入学する前の6歳から9歳までの
男子を10人位の集団に分けて、その中で守らなければならない
決まりをつくり、それを実践していたようです。

教育熱心な藩で知られていた会津藩ですが、のちのあの境遇の
中から何人もの偉人と思われる人物を輩出した事実を考えると
現代に生きる我々も見習うべきものがありますね。

幕末の立場から庄内に住むツジムラは会津に親近感を感じており
今まで2回ほど会津を訪れております。

今の綺麗な城の状況からここで攻防戦が行なわれていたとは
とても思えません。
しかし飯盛山の厳粛な光景や昔の砲弾でボロボロになった
天守閣の写真を見ると明治政府から徹底的に弾圧された会津藩の
苦難が垣間見られます。
そんな中で八重を始めとする人々が困難に負けずにその時代を
精一杯生きていった物語から福島を始めとする東北の復興、
そして日本再生を願わずにはいられません。

それにしても八重の兄の山本覚馬という人も魅力的な人物だった
ようですね。
なんで京都?なんで同志社?と思っていたのですが、全て縁で
繋がっているのですね。今後の展開に期待します。


ラベル:

◎2013年1月7日

平成25年、巳年

新年あけましておめでとうございます。
平成25年も株式会社ツジムラをよろしくお願い申し上げます。

さて、ここ山形県庄内は雪は多いものの風が無く穏やかな天候です。
今日からツジムラも仕事始め。
年末年始で鈍った状態を落とすべく様々な雑仕事をこなしています。
一方で協力会社の方々が新年の挨拶に訪れてくれています。
非常にありがたい事です。

さて、辻村工務店から株式会社ツジムラに法人化になり、
本年で6年目を迎えます。
5年毎の建設業や不動産業の許可や免許の更新が一斉にあり、
年末からそれらの書類作成に追われております。

また同時に新年の区切り、5年ごとの区切りということで
目標を掲げ、またそれらが絵に描いた餅に終わらないように
具体的な行動計画を立てています。
法人化した時の夢を実現出来ているとは言い難いので、変化を
恐れず、チャレンジ精神で向かっていきたいと思います。

これから地元の新年を祝う会です。
しっかりと顔を売ってきます。


ラベル:


 
▲このページの先頭へ