ツジムラ専務ブログ |株式会社ツジムラ〔 山形県 庄内地方 : 三川町|鶴岡市|酒田市|庄内町|遊佐町 〕

ツジムラ専務ブログ

◎2012年10月15日

近年の戸建住宅の犯罪傾向

昨日の秋の感謝祭でALSOKさんの「お金のかからない防犯セミナー」
が開催され、終了後、担当者とお話することができました。

内閣府の世論調査によるとここ10年間で日本の治安について
85%の方が悪くなったと思っている、と回答しており
ホームセキュリティーへの関心はここ庄内でも高いようです。

平成15年を境に侵入窃盗の認知件数は減少傾向にありますが、
依然として年間15万件以上の被害があるそうです。
また侵入の手口は「ガラス破り」と「無締まり箇所」からの侵入が
多く、一時期急増した「ピッキング」や「サムターン回し」は減少している
ようです。

泥棒が侵入をあきらめる時間の境が5分で、これ以上時間がかかると
70%があきらめるそうです。
また、あきらめる理由については、「ドアや窓への補助錠」や
「機械警備システム」や「犬」などのハード面を押えて「近所の人の
視線」や「声を掛けられること」のソフト面が最も効果があるようです。

塀や植栽によって生じる死角をなくし、見通しがよい環境をつくること、
町ぐるみで防犯環境を整備するのが最も大切とのことでした。

オリンピック女子レスリング金メダリストが二人もここALSOKさんに
所属しております。
吉田沙保里選手は近々、国民栄誉賞をもらうようですが、もう一人
の伊調馨選手も吉田選手以上の天才ではないか、とツジムラは
思っております。





ラベル:


 
▲このページの先頭へ