ツジムラ専務ブログ |株式会社ツジムラ〔 山形県 庄内地方 : 三川町|鶴岡市|酒田市|庄内町|遊佐町 〕

ツジムラ専務ブログ

◎2011年3月31日

経済活動

このような災害のあとで、世間の空気は何事にたいしても、自制、自粛と行動を控える傾向と思われます。被災した方々の心情を思うとそれも仕方ないと思います。しかしながらこのような行動は経済の循環を停滞させます。まわりまわって復興の財源にも大きく影響します。省エネ意識や被災者に対する支援、ボランティアは引き続き行うべきものですが、過剰の自粛はやめるべきと考えます。

◎2011年3月30日

がんばろう東北

徐々にですが、復興の兆しがみえてきました。もちろん、まだライフラインの復旧のまだの地域も数多くあり、行方不明者の捜索が続く地域、地盤沈下による浸水で全く手が付けられない地域もあります。そして数十万人という避難を余儀なくされている方々の心情を考えると復興の兆しなどと簡単に言えるものではありません。短期間で終えるようなものではなく、今後何十年と続く厳しいたたかいの始まりなのです。それでも同じと東北の人間として言います。「がんばろう東北」と。

◎2011年3月29日

ガソリン供給

前日のニュースで山形県のガソリン供給は被災前の80%に回復の報が。もう列んでいないとの目撃状況も。鶴岡まで意を決して給油に行って参りました。列ばずに買えた!リッター155円の満タンで1万円近くいきましたげど、背に腹は変えられません。他の鶴岡市内のスタンドも列んでいても5台くらいでスムースに廻っているようです。懸念事項の一つは解消されました。一歩一歩進むしかない。頑張ろう東北!

◎2011年3月28日

ガソリン

ついにガソリンの目盛りが最後にかかりそう。明日にでもランプが点灯しそうです。いろいろ情報を仕入れていますが、ガソリンを入れることが出来るでしょうか。大夫落ち着いているようですが、それでも移動中に見るスタンドは開店休業か車の列です。移動が増えるにつれガソリンを使うのは仕方ないことですが、覚悟を決めて列びます。

◎2011年3月27日

ジョギング

久しぶりに走りました。ルームランナーで1時間程でしたが、汗をかいてリフレッシュしました。身体が本当になまってますね。

◎2011年3月26日

お風呂の中の笑顔

被災地の情報が流れてくる。
辛い現実と向き合う顔はどれも厳しいが、どの人も必ず笑顔を見せているニュースがある。
それが自衛隊によるお風呂の提供や避難場所近くの入浴施設に入ってお風呂のサービスを受けている場面だ。どの顔もほっとした様子で、笑顔をみせている。
こちらも心から良かったねと思える映像だ。今日は那須御用邸の宮内庁職員の入浴施設が天皇皇后両陛下の要請で避難者に提供されたニュースを耳にした。
まだ寒さも厳しいが一人でも多くの方がこのようなサービスが受けられることを祈っています。

◎2011年3月25日

がんばれ日本

震災後初めて酒田の住設機器のショールームへ。
営業マンや協力業者から色々状況は耳に入ってきてましたが、至急の見積もりと今後の見通しも聞いてきました。
エントランスにはいつもと変わらないウエルカムボードに今日ショールームを見学に来るお客さんや工務店の名前がありシュールームは普段通り機能しているようでした。
一通り見積もりしてもらったあとは、やはり今後のこと。幸いツジムラには現在取り掛かって納品を待っている物件はありませんが、春になれば建築の需要が多くなります。
複数のショールームを廻りましたが各社共通していえるのはやはり仙台宮城を中心とした物流の拠点の被害は凄まじく現時点での納期の確定は出来ないというものでした。
集配場が整備出来れば出荷出来るところもある一方で福島や茨城の太平洋沿岸に工場を持つ企業は全く見通しすらもたってなく、新規の注文は今のところ受け付けていないところもありました。工場が再稼働しても震災前に注文を受けた案件から対応しなければならず9月頃位としか言えないメーカーもありました。
う~む、建築関係だけではないでしょうが、電力、農水産物、水、原発の問題などなど復興のことを考えると頭が痛くなります。でも被災した多くの方々のことを思うと日本全体で負担する現実です。
自分を奮い立たせる意味でもいいます。”がんばれ日本!”と。

◎2011年3月24日

春よこい!

朝起きてみると屋根にうっすらと雪が・・・。
夜に降っていた雨が雪に変わったようです。例年なら春間近かに降る雪も微笑ましいのですが、燃料不足の今はただただ迷惑。事務所で使うストーブの灯油の心配が頭をよぎります。灯油タンクもそろそろ空になるところ、本当にタイミングが悪いです。
と同時に被災地の様子も心配になります。こちらがこんなに寒いと不自由を強いられている方々の体調が心配。復興作業もはかどらないでしょう。
今年に限っては早く暖かくなって欲しい。心から春の訪れを願っています。

◎2011年3月23日

別れの季節

東北関東大震災の影響で通常の時間の流れを忘れそうになるが、3月ももう一週間で終わり。
卒業や入学、入社、異動の季節です。その中でこの3月でリタイヤの意志を固め会社を離れる決心をした営業の方がいます。震災の影響で資材建材が滞り、納期もはっきりしない現状やガソリン不足で外廻りに思うようにでられないなど、思うこともあったのでしょう。
ツジムラとしては3代に渡りお世話になり何でも相談出来る、痒いところに手が届く営業マンを失うことは正直いたいですが、笑顔で送り出したいと思います。Nさん長い間、お疲れ様でした。そして次の人生にエールを送ります。

◎2011年3月22日

ガソリン不足

被災地を中心に東北、関東各地で燃料の不足が続いています。
車社会の地方にとっては深刻は問題。何をするにも移動するのに車は必需品です。
こちらでもどこのスタンドが開いていたとか、10リットルまで、2000円分だけどこどこで入手出来たとか情報を集め各々ガソリンの確保に必死です。
関東の精油所が稼働したとか塩竃にタンカーが入れるようになったとか関西方面からタンクローリーが廻されたとか徐々に改善の兆しがみえてきましたが、それでも大変です。
ただ、個人の意識は大きく変わったと思います。
なるべく車を使わない、燃費の悪い乗り方をしない、暖房を切るなどなど・・・。
この大災害は確実に我々日本のありようを大きく変えることになると思います。

◎2011年3月21日

あいさつの魔法

東北関東大震災のニュースのためテレビを見る機会が多くなっているのだが、企業がCMを自粛しているためだろうか、やたらとAC公共広告機構のCMが目につく。
さまざまな啓発CMが流れているのだが、ほっと心が和むというか、非常に気になっているCMがある。
アニメの男の子と女の子が動物たちとあいさつを奨励する「こんにちは♪~ありとう♪~ぽぽぽぽ~ん♪」というものだ。動物たちと手をつないで広がっていくのだが、紹介されていない動物のキャラクターがあり、全部の動物たちが紹介されるのをいつかいつかと待っている自分がいる。

このブログを書くにあたり、調べたらしっかり60秒のCMバージョンがアップされており、全部のあいさつと動物たちを確認することができました。

それにしてもACのCMの多さにみなさん気になっていたそうで、あまりのしつこさに苦情が殺到しているとか。特にCMの最後にAC!と叫ぶ声に対する苦情のため音を消した処置がとられたそうです。

◎2011年3月20日

救出

石巻で9日ぶりに祖母と孫が救出されました。
流された自宅に閉じ込められ、幸いにも近くにあった冷蔵庫から食べ物をとり毛布にくるまって救助を待っていたそうです。
辛い重い報道ばかりの中でこのニュースには本当に嬉しくなりました。
これからも奇跡を信じて・・・。

◎2011年3月19日

放水

東京消防庁の緊急援助隊は無人のまま自動的に放水できる屈折放水塔車で約800メートルのホースを連結し、くみ上げた海水を放水しました。準備に外での手作業でホースを繋いだりと目に見えない放射能に気を付けながらの命がけのミッションでした。
放水を開始してからの放射線量は約60ミリ・シーベルトから約0ミリ・シーベルトに減少。作業にあたった隊員に被曝量も範囲内に留まりました。
このまま何とか静まって欲しいものです。心から・・・。

◎2011年3月18日

支援の輪

宮城県福島県に隣接する山形県にも避難してくる方々が急増しております。ツジムラの住む町にも避難所が開設、早速避難してきた方が入られたそうです。
ニュースでは石巻市の老人福祉施設の入居者が全員ヘリコプターで庄内空港に搬送され、近隣の施設に分散させ避難させた報道がされていました。
米沢では神戸の震災を経験したNGOの指導により、足湯を開設したり子供達に紙芝居を見せたり、なかなか気づかない内容のボランティアを行っているニュースもみました。
日本各地で支援の輪が広がっています。それぞれが出来る小さなことを積み重ねていくしかないと思います。

◎2011年3月17日

祈り

福島第一原子力発電所への決死の放水作業が始まりました。
空からはヘリコプターから、陸からは高圧放水車から核燃料プールへの放水。
作業にあたる自衛隊などの任務の成功を祈らずにはいられません。
お願いですからもうこれ以上放射能が飛び散りませんように・・・。

◎2011年3月16日

震災地

ツジムラは昨年多くの地震の被災地を訪れていました。
1月に福島県飯舘村を訪れた際に泊まった場所は南相馬市原町区。帰りは国道6号線を北上し常磐道から仙台東部道路、南部道路を通って山形道に入りました。初めて通る南相馬、相馬、新地、山元、亘理、岩沼の太平洋側はなだらかな平地と冬でも穏やかな天候で羨ましく思ったことを思い出します。
6月は新住協の総会の帰りに石巻市内に初めて足を運びました。そして10月はいわきへ。
どの場所も風景は一変。テレビの報道で被災したいわき・ら・ら・ミュウの映像を見ました。多くの人で賑わっていた魚市場の変わり果てた様子が・・・。
今夜からまた寒くなるそうです。多くの支援が早く届きますように!

◎2011年3月15日

輪番停電

東北電力管内も被災地以外の地域で輪番停電を実施すると発表しました。
東京電力が日曜夜に輪番停電の実施を発表、地域割りがTVで報道された時は、原発の対応に追われながら、時間が無いなか感心していましたが、実際は急に実施を中止したり、被災地も一律停電させたりでだいぶ混乱したようです。
東北電力は停電時に自己対応出来ないところには事前の相談を受けるなど、柔軟な対応をするようです。
ツジムラの地域の実施は17日午前9時から12時まで。整然と対応したいものです。

◎2011年3月14日

協力

建材関係の情報が続々入ってきました。
被災地に工場、支店、営業所、物流の拠点があり、交通事情と相まって納期の予定が全くつかないようです。
それでも被災地からの映像を見ると小さなことに過ぎません。今はただただお互いに協力しあうことのみです。

◎2011年3月13日

暮らすアップフェア2011 お詫び

当日、会場までお越し頂いたお客さまもいらっしゃったと聞きました。
地震のためとはいえ連絡がつかなかったことをお詫び申し上げます。

◎2011年3月12日

暮らすアップフェア2011は中止します

地震のため暮らすアップフェア2011は中止します。

◎2011年3月11日

秋田市から無事戻りました

地震

◎2011年3月10日

また雪ですか?

明日は秋田に行かなければならないのに。
吹雪かなければよいな。

◎2011年3月9日

地震

お昼前の地震感じましたか?
ツジムラは丁度役場の外部の鋼製扉の修繕の立会いをしていた時でした。
ゆらゆらと船に乗っているような揺れが結構長い間続きました。直ぐに余震もありましたね。
震度計がある役場の放送では震度3.4だったそうです。隣の消防署が地震発生知るや消防車を車庫から出すのを目撃し、妙に感心しました。
お昼のニュースでは酒田が震度4だったようです。たいした被害もでていないようなので一安心です。

◎2011年3月8日

もしドラ

このブログで紹介した『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジネント」を読んだら』がNHKでアニメ化され、総合テレビで3月14日(月)午後10時55分から11時20分まで全10回で放送されるようです。
http://www9.nhk.or.jp/anime/moshidora/

良質のコンテンツを作るNHK、アニメだから侮ってはいけません。余程昨年この本が話題だったのでしょうね。入門の入門編におすすめします。

◎2011年3月7日

脱メタボ宣言

ツジムラをご存知の方は知っていると思いますが、実は私太りすぎています。
忙しいだのストレスだのと暴飲暴食にはしり不摂生しすぎたため身体が重い、肉がつきすぎの状態です。
有名なユウェナリスの言葉の「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」ではないですが、ダイエットして身体をしぼります。自分にプレッシャーをかける意味でここで宣言します。
食事を制限してジョギングして温泉入ってメタボリックを脱出します。

ところで「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」はツジムラもそうですが「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」という意味の慣用句で定着していますが、実際はもし祈るとすれば「健やかな身体に健やかな魂が願われるべきである」というのがユウェナリスの本来の詩の意味だそうです。

◎2011年3月6日

これから「正義」の話をしよう

昨年の冬に購入した本。
ハーバード白熱教室と東京大学での特別講義で有名になった政治哲学者マイケル サンデル教授の有名な本。ミーハーなので思わず書店で買ってしまいました。
じっくり読むつもりで頭に余裕がある時に読もうと思っていたらそのままベットの前の机に置きっぱなしのままです。
先日、イチローとマナカマが食事した際にマイケル サンデル教授の話がでたことと、プロ野球ジャイアンツ戦の始球式に教授が登場するとのニュースを聞いて、思った以上にこの本や教授自体がメジャーになっているのを実感しました。
少し読みましたが知的好奇心に駆られます。別の見方をすれば混沌とする世の中へ対する処方箋なのでしょうか。

◎2011年3月5日

暮らすアップフェア2011 その2

もう少し暮らすアップフェアの宣伝をさせて下さい。
各社展示ブースで力を入れているのが実演・体験・講習です。ただ見て貰うだけではなくプラスアルファを盛り込んでいます。
IHクッキングヒーターを使ったお料理実演、水廻りのお手入れ講習、エコトイレ体験、床暖房体感、ガラス断熱効果体験、オール電化コーナー等。
是非、遊びにきてください。

日時:3月12日(土)13日(日) 10時から16時
会場:三川町 いろり火の里 なの花ホール

◎2011年3月4日

(社)山形県建築士会

弊社社長のあとを引き継ぐかたちで社団法人山形県建築士会鶴岡田川支部に入会しました。

◎2011年3月3日

暮らすアップフェア2011

今年も3月12日(土)、13日(日)の2日間に庄内の工務店の合同で「暮らすアップフェア2011」を開催します。
実演・体験・講習を取り入れた協賛各社のブースを廻りながら気軽に住宅材料、機器について皆様に知っていただくことが目的です。
新製品や機能など、新しい発見が見つかるはずです。国や地方自治体への新築やリフォームへの助成制度が充実している今が大チャンス!
リフォームは特別考えていないあなたも遊びにくる感じで気軽に脚をお運び下さいませ。
場所は三川町のいろり火の里なの花ホール。時間は10時から16時まで。
受付でツジムラと言って頂ければOKです。宜しくお願いします。

◎2011年3月2日

入学試験ネット投稿問題

京都大学などの4大学で入学試験中にインターネットの質問掲示板に投稿された事件で、携帯電話の通信記録から使用者が山形県の高校を卒業した仙台の予備校生と判明した模様。
何だかとても衝撃的で残念な気持ちです。
ツジムラも浪人の経験があるので辛い気持ち理解出来るのですが、京大を受けようとするほど若者が何故!?どうして?続報を待ちたいと思います。

◎2011年3月1日

頭のよい子が育つ家

アマゾンの良いところは気になる本が直ぐに見つかるところ。
レビューもついているので購入するのにも参考になります。
「頭のよい子が育つ家」も前から気になっていた本です。設計に携わることになってプランを作成する機会が多くなったのですが、住宅がその家族に与える影響というのはとてつもなく大きいのがヒシヒシと感じるようになったからです。
特に間取りの問題。お客様の希望を聞きつつ専門家ならでの提案をしていきたい。そのためにはあらゆる分野への理解が必要になると考えております。
まだ途中ですが、キーワードは「コミュニケーション」と「仲良し家族」です。子供部屋を造って一人で勉強させる環境はダメ。少なくても小さいうちは親の目の届く、気配の感じられる空間で自発的に勉強させる環境作りが大切のようです。


 
▲このページの先頭へ