ツジムラ専務ブログ |株式会社ツジムラ〔 山形県 庄内地方 : 三川町|鶴岡市|酒田市|庄内町|遊佐町 〕

ツジムラ専務ブログ

◎2010年11月24日

ヒートポンプ暖房

仙台の業者さんと東北電力さんがヒートポンプ暖房の見積を持って、今一な私にレクチャーに来てくれました。
ここ一年で、空気熱などを集めて生活に必要な熱エネルギーに換えるヒートポンプ技術へ関心は凄まじいようで、大手のハウスメーカーもどんどん標準採用としているようです。さらに近々それを更に加速する電力会社の施策も発表されるとのこと。省エネ、さらに何と言ってもCO2の排出量も軽減できるヒートポンプに移行するのが必然のような気がします。
ただ、現在は3つの問題があるように思えます。

1つは言うまでもなくコストの問題。ヒートポンプはまだまだ設置に掛かる費用が高いです。ランニングコストが抑えられると言ってもイニシャルコストが高額だとやはり及び腰になります。

2つめは住宅性能の問題。高気密高断熱はヒートポンプ技術の性能を発揮させるための必要条件です。当然こちらにも相当の仕様が要求され、建築価格は高くなります。目標とする数値に沿った住宅性能と住宅機器の性能を設計出来る環境工学の知識のある工務店にしか依頼できなくなります。

3つめは住宅に住まう方の意識の転換。せっかく高性能住宅に住設機器が設置されても、正しい使い方、生活の仕方をしないと十分に性能を発揮しません。メンテナンスにも気を使います。
基本的に全館暖房、24時間連続運転することにも慣れないといけません。

今回は温水床暖房とパネルヒーター暖房の説明を受けましたが、ツジムラではこれからもヒートポンプについて、情報を取り上げていきたいと思います。


 
▲このページの先頭へ