ツジムラ専務ブログ |株式会社ツジムラ〔 山形県 庄内地方 : 三川町|鶴岡市|酒田市|庄内町|遊佐町 〕

ツジムラ専務ブログ

◎2010年11月30日

住宅エコポイント

来年度も期間延長が決まった住宅版エコポイント。
現在リフォームが終わったオーナー様のために申請書類を準備中。これがなかなか大変で、悪戦苦闘しております。工事写真や性能証明書、納品書や工事証明などとにかく書類が必要です。
これもサービスの一環と割り切っていますが、書類になれていない工務店は大変でしょうね。
今回は大規模リフォームだったので窓の断熱改修で8万ポイント、断熱工事で満額の18万ポイント、バリアフリー工事で満額の5万ポイント、合計で上限一杯の30万ポイントを頂くことができました。
こうしてみると30万円相当に換算できる住宅エコポイントも馬鹿にできませんね。

◎2010年11月29日

いよいよ11月もあと二日。
天気も崩れ山形市内で初雪が観測されたとか。
ここ庄内はミゾレが降りました。そして雷も。なんでも庄内は全国的にみても雷の多い地域だそうで、落雷による被害をうけます。前にノートパソコンに感電したとかでLANポートが壊れてしまったことがあります。冬期の風もそうですが、何かのエネルギーに転用できないものでしょうか?もったいない気がします。フランクリンのように凧をあげてみますか。

◎2010年11月28日

断熱リフォームセミナーと補助金の説明会


「知らないと”絶対損をする”国の補助」と題した新住協のセミナーが酒田で開催されました。
コミュニティー新聞でも周知し会員各社でも集客に努め、一般のお客様10人弱が来場されました。
ホームページでも宣伝させて頂いてますが、今、リフォームに「断熱と耐震」工事を加えると最大200万円の国交省補助がある、この新住協会員だけのこのチャンス。過去の施工事例を中心に説明させて頂きました。
あらためて思うに、このような補助金が無くても新住協の会員は随分前から日本各地で断熱工事を行ってきたことです。まだまだ新参物のツジムラは施工事例が少ないですが、情報を貰い勉強させて頂いています。是非、皆様に還元したいと思います。

◎2010年11月27日

旬味鮮新 富重

日曜日のセミナーに備え酒田入りした新住協の会沢さんを囲んで、山形支部庄内会員でセミナーの成功を祈願して酒田の富重で一席を設ける。酒田市内ではこのようなお店を知らないツジムラにとっては非常にありがたい企画である。酒田ではやはり有名は処で、新住協会員のSさんが設計に関わっているようだ。
もともとは魚屋さんで、その日に酒田に水揚げされた魚を含めた新鮮な魚料理が次から次へと出てくる。舌の肥えた諸先輩方から料理とお酒のレクチャーを受けながら、住宅談義に花が咲く。
酒田で飲んだら代行代が鶴岡より1000円余計にかかるのが玉に瑕だが・・・。

◎2010年11月26日

オフィス環境


なかなか風邪が直りきれないツジムラです。
一日の大半を過ごす事務所の住環境はお寒い限り。
土間にクッションフロアを貼っただけの床からは冷気が上がってきます。(夏は涼しくてよいのですが・・・。)サッシは昔の銀色の単板ガラス。勿論壁には断熱材なんか入っていません。
そんな中で灯油ストーブをガンガン炊いています。灯油がどんどん消費されるのを理解しながら・・・。
当然空気はカラッカラ。のどに良いわけがありません。
そこで、先日購入したパナソニックハイブリッド加湿器を投入。目一杯働いてもらいます。
再度スペックを見ると水イオンナノイーを搭載していない機種であることが判明。とほほです。

◎2010年11月25日

タタミのある部屋


畳敷きの和室をに大壁の寝室にリフォームした部屋。
構造上どうしても抜けない柱があるため角は敢えて収納にしております。全面に小屋がありますが、少しでも風が通るように縦辷り窓を設置しました。
タタミはこのオーナー様の地元のたたみやさんに依頼。素早い対応に感謝です。

◎2010年11月24日

ヒートポンプ暖房

仙台の業者さんと東北電力さんがヒートポンプ暖房の見積を持って、今一な私にレクチャーに来てくれました。
ここ一年で、空気熱などを集めて生活に必要な熱エネルギーに換えるヒートポンプ技術へ関心は凄まじいようで、大手のハウスメーカーもどんどん標準採用としているようです。さらに近々それを更に加速する電力会社の施策も発表されるとのこと。省エネ、さらに何と言ってもCO2の排出量も軽減できるヒートポンプに移行するのが必然のような気がします。
ただ、現在は3つの問題があるように思えます。

1つは言うまでもなくコストの問題。ヒートポンプはまだまだ設置に掛かる費用が高いです。ランニングコストが抑えられると言ってもイニシャルコストが高額だとやはり及び腰になります。

2つめは住宅性能の問題。高気密高断熱はヒートポンプ技術の性能を発揮させるための必要条件です。当然こちらにも相当の仕様が要求され、建築価格は高くなります。目標とする数値に沿った住宅性能と住宅機器の性能を設計出来る環境工学の知識のある工務店にしか依頼できなくなります。

3つめは住宅に住まう方の意識の転換。せっかく高性能住宅に住設機器が設置されても、正しい使い方、生活の仕方をしないと十分に性能を発揮しません。メンテナンスにも気を使います。
基本的に全館暖房、24時間連続運転することにも慣れないといけません。

今回は温水床暖房とパネルヒーター暖房の説明を受けましたが、ツジムラではこれからもヒートポンプについて、情報を取り上げていきたいと思います。

◎2010年11月23日

プラズマクラスター




我が家は今年竣工の高気密高断熱住宅。
初めての冬を迎え、実体験的検証が個人的に行われております。
暖房機器はこのブログでもさんざん登場した夜間電力利用の電気蓄熱床下暖房システム「スラブヒーター」。
初冬を迎えた現在でも、室内平均20℃を保ち、期待通りの働きをしてくれております。
不安視された湿度は40%代に落ち込むことも多くなり、自室には「ナノイー」加湿器購入となりました。
それをみた家人がリビングルームにも加湿器の導入を期待し、写真のとおりシャープの「プラズマクラスター」空気清浄機を設置しました。
「プラズマクラスター」とは自然界にあるのと同じ+(プラス)と-(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出。浮遊ウイルスの作用を抑え、浮遊カビ菌等を空中で除去するシャープ独自の技術とのこと。
家電衝動買いで、ふとこは寒くなりましたが、プラズマクラスターの効果の程を検証したいと思います。




◎2010年11月22日

ナノイーとプラズマクラスター

週末は体調が悪かったので家でおとなしくしていました。
風邪でノドが痛いんですよね。湿度計を見ると40パーセント代。こりゃ加湿器が必要と思い、広告の加湿器の値段をチェックしておりました。といっても混んでいる土日に行くこともあるまいと思い、タオルを濡らして加湿し我慢していました。

そんなんで久しぶりにTVの見る機会が多かったのですが、CMで頭に残った言葉がありました。
パナソニックの「ナノイ~♪スゴイ~♪」とシャープの「プラズマクラスターはシャープだけ♪」です。

「ナノイー」は水のイメージで想像がつきましたが、「プラズマクラスター」は何のことか全く分かりません。しかも冷蔵庫、空気清浄器、某?、なんパターンもある!?シャープだけって自慢することかよ。と独り突っ込んでいました。

PCやAV関係だったらスペックの比較検討し、事前の準備をするのですが、何もせぬまま月曜の夕方に家電屋さんに行ってみると、加湿器の大きさにビックリ。
確かに加湿するための水を入れる容積が必要ですよね。リビング用は面積が広い分値段も高いので自分の部屋用で検討しました。プラズマクラスターは高いので早々に脱落。
消費電力、音、適用床面積などスペックを見比べ、前日の「ナノイ~スゴイ~」が頭に残っていたのでパナソニックのハイブリッド式加湿機を購入しました。

帰ってからネットで調べる私と同じ、「ナノイー、プラズマクラスター」で検索したのが上位にありました。
プラズマクラスターも何のことか良くわかりました。
空気も住環境の一つ。それからCMは「スゴイ~ナノイ~」でした。

◎2010年11月21日

市民住宅セミナー

ホームページでも告知していますが、新住協主催の住宅セミナーが28日の日曜日、酒田市勤労者福祉センターで行います。ツジムラもスタッフとして会場運営に協力します。
「断熱耐震同時改修プロジェクト」について具体的内容や現在までの全国での事例を元に詳細に説明を行います。少しでも関心がある方は是非、ご参加下さいませ。

◎2010年11月20日

冬支度


毎年この季節になると公共施設の風除室の設置や風囲いの設置を
させて頂いております。
ここ山形県庄内地方は冬の季節風が強く降雪と相まって雪が横から降り付ける「地吹雪」が発生します。それを和らげる役目を果たすのが風除室であり、風囲いであります。
また一歩冬が近づいてきますが、今日は暖かい晴天でした。

◎2010年11月19日

事務室

現在、リフォーム中の現場。
在宅で仕事をしているオーナー様で仕事部屋が欲しいとのリクエスト。
奥行き4.5mの5帖の傾斜天井のある仕事場です。

◎2010年11月18日

風邪

ノドがいがらっぽい感じがして不吉な予感がしましたが、どうやら風邪をひいたようです。
暖かくして早く休みます。

◎2010年11月17日

晴れの日


ぐずついた天気が続いた中での晴れの日。
のびのびになっていた瓦屋根改修も始まりました。
空気が澄んでいるため山々がハッキリと見えます。
写真は酒田の現場から見えた鳥海山。頂上は冠雪があり麓は紅葉が進んでいるのが分かります。移動中の一こまでした。

◎2010年11月16日

地域のホームドクター

冬支度の前でしょうか、こまごまとした相談や依頼が相次ぎます。
「雨漏りがする」「換気扇の調子が悪い」「水抜き栓が作動しない」「建具の隙間が気になる」など、など。非常にありがたいことです。直ぐに現場で状況を確認し、内容によっては専門の協力業者さんからも調査して頂くこともありますが、出来るだけ早く対応するように心がけております。
外部作業などはお天気しだいの場合もありますが、皆様の身近な気軽に家のことを相談できる存在でいたいと思っております。

◎2010年11月15日

アーキトレンドZ

現在も建築士の試験は製図板を使って線を引いて図面を描いているのですが、実務ではCAD(キャド:Computer Aided Design)を使うのがほぼ一般的になっております。
業者間では2次元CADで十分なのですが、お客様に提案するプレゼンテーション図面ではどうしても3次元CADが実際の建物をイメージしやすいようです。

ということで、ツジムラでも今年の春、思い切って3次元建築設計システム「アーキトレンドZ」を導入いたしました。これで図面が簡単に描けると思ったのですが・・・・・。覚えることが多く中々言うことを聞いてくれません。コンピューターは正確なもので、正しい命令でないと正しく反応してくれませんので・・・。
線一つ描くのに1時間費やすのもザラです。とにかく自分で使わないことには上達しませんので、修行と思って頑張っています。

とはいえアシスタントが欲しいこの頃です。

◎2010年11月14日

風雨

雨漏りがするとの連絡を受け調査に。
雨漏りは建物の躯体を伝ってくるので内部が濡れていても何所から雨が漏れているのか不明な場合も多くあります。やっかいなことになりそうかなと思いましたが、通常の雨では雨漏りせず、強風を伴った場合の横殴りの雨の場合にのみ、トタンの壁からダイレクトに雨漏りしているようです。錆びて隙間も空いているのでここからの侵入は間違いないようです。
これから迎える冬に万全で備えたいものです。

◎2010年11月13日

土曜日休み

我が家で生まれ、大工でもあった私の祖父の弟のおじさんが天寿も全うしました。
ご冥福をお祈りします。

◎2010年11月12日

エコキュート

酒田の現場でエコキュート設置のための架台の打合せ。
エコキュートは2つの機器に分かれています。一つは貯湯タンク。タワー状で大きく、当然お湯が満タン状態ですとかなりの重量になります。もう一つはヒートポンプユニット。エアコンの室外機と同じようなものです。
この二つの機器を設置する基礎部分は重量に耐えうるものでなければなりません。
設置場所にも注意か必要です。空気を圧縮して熱を作り出すコンプレッサーのヒートポンプユニットからの騒音が問題になっています。作動時間帯が深夜電力を利用するため、人々が睡眠している深夜になります。自宅でもエコキュートを使っていますが、音の大きさが想像以上で驚いています。
便利でエコな商品ですが、この点にはご注意を!

◎2010年11月11日

もうすぐ竣工


久しぶりの酒田の現場です。
諸事情により遅れていましたが、現在内装工事中。
2階にキッチンがある準2世帯住宅です。
オーナー様の希望で床の間のある客間もあります。もうすぐ完成です。

◎2010年11月10日

季節の変わり目

親戚が倒れて救急車で運ばれたという電話が夕方入りました。
病院に駆けつけたオヤジオフクロも夜には戻ってきましたが、これから本格的に寒くなる季節。
ご自愛下さいませ。

◎2010年11月9日

ヒートポンプ

雪国である庄内にとって冬の暖房を何にするかは頭の痛い問題です。
灯油、ガス、電気と熱源をどれにするか?またどんな機種を使用するか等選択肢は幾つもあります。
また、CO2の削減や省エネ型かどうか等エコにも関心が強いようです。
営業で東北電力さんが来て、ヒートポンプのキャンペーンをしていきました。ヒートポンプとは空気中の熱を利用して生活に必要な熱エネルギーを得ること。具体的には機種としてはエコキュートがあります。給湯器ボイラーに変わって大分普及してきているようです。他には温水を利用した温水床暖房や温水パネル暖房などもあります。こちらは配管などの問題がありエコキュートよりはまだユーザーの認識も浅いようです。
自分の知識と現在のヒートポンプの状況など話を聞くことが出来て、疑問点などが整理できました。

◎2010年11月8日

アラフォー

朝起きたら腕が上がらない!?
上がるけど凝っている!?ギコチナイ感じ。こんな状態が続いていると思ったら今度は腰が!?
もう若くない、無理出来ないんだと思うこの頃です。

◎2010年11月7日

結婚式

今日は地元建築業協会の工務店仲間の息子さんの結婚式に招かれました。
新郎新婦ともまだ20代、披露宴の形式も様々になりました。
ブライダル産業も個性や競争の時代。一昔前のようにはいかないようです。世代間の演出のギャップや披露宴を行わないのも珍しくないとの事。家族のあり方含めて時代を反映しているようです。
住宅の在り方も変わらざるおえないのかもしれません。

◎2010年11月6日

屋根工事

外部の工事は天候の影響がすごく大きい。
まして、それが屋根工事だったら雨が降ったら工事が出来ません。
カバー工法のような現在の屋根材の上に新しい部材を葺く工法であったら多少の雨でも施工が可能ですが、瓦屋根の葺替えだったらそうもいけません。
現在、屋根瓦の葺替えや改修が2件決まっており、天気次第になっております。
1件は今週末には工事に入る予定だったのに、天気が恨めしいです。願わくば工事が出来る晴天になりますように・・・。

◎2010年11月5日

山形の家づくり利子補給

10月のブログでも触れましたが、山形県で県内で生産された木材を使って省エネ住宅を建設すると住宅ローンの一部を負担してもらえる制度があり、今年度追加で急遽募集がありました。
現在設計中のオーナー様と相談した結果、応募することになり、知己の材木屋さんから詳細を聞き、申込を致しました。
定数以内の応募しかないと思っていましたが、10件のとろこ応募が15件あり、抽選となりました。
県庁で公開の元抽選があったようですが、残念ながら落選したようです。
元々来年に着工する予定であったので、当初の計画に戻ったのですが、このような制度はやはり人気があると感じました。
来年度も利子補給制度はあると聞いていますので、あらためてチャレンジしてみようと思います。

◎2010年11月4日

SOUVENIR AGAIN

「スーベニール アゲーン」ライブ2010。
12月の日本武道館のコンサートのチケットがとれました。
10年ぶりのコンサート、自分は彼女のコンサートは初めてです。やる気が出てきました。

◎2010年11月3日

アパート満室御礼

ツジムラが管理、又は関係しておりますアパート(カリココ、ティープラス、エムスタイル)が現在5棟、24室あるのですが、11月に全て満室になりました。
これも皆様のご贔屓のたまものと御礼申し上げます。

◎2010年11月2日

トイレ改修

水廻りのリフォームを行ったオーナー様。
当初は男女一緒のトイレを別々に独立させ、各々に扉を付けるのみの予定でしたが、節水タイプの洋式便器への変更が追加されました。
天井・壁・床の内装を一新、手摺も設置し綺麗にリニューアル致しました。
ポイントは床材。耐久性、耐水性、耐薬性に優れた大建工業の「ダイハードアートトイレタフN」を使用。キズ・汚れに強く、美しさを長く保つネオテク加工のトイレ専用のフロアです。

◎2010年11月1日

11月

今日から11月!今年もあと2ヶ月を残すのみとなりました。
急ピッチで施工していました某企業様の増築工事も完成し、無事検査済証を受取り、引渡しになりました。一日で月曜の目標のたてやすい今月。充実した1ヶ月にしたいものです。


 
▲このページの先頭へ